本文へ移動

社内のご紹介

世界一安全な工事現場を目指して

2017-05-01
安全運転講習の様子(千葉 正孝 様)
小林 豊 様
後日届いた『運転適性診断票』
■日時:平成29年4月19日
■場所:プラザイン水沢
 
 平成29年4月19日にプラザイン水沢にて、「平成29年度 栗原建設株式会社 安全大会」を開催しました。
 社長の挨拶より始まり、各現場担当者が安全を宣言しました。
 
 次に、水沢自動車学校 副管理者 千葉 正孝 様、講習課長 及川 一富三 様による「安全運転講習」と、建設業労働災害防止協会 岩手県支援センター所長 小林 豊 様による「災害未体験者時代の安全管理」の講演をしていただきました。
 
 「安全運転講習」では『運転適性診断票』を受けました。
 自動車の運転をする時に、自分の性格やクセを知るために行うもので診断結果から、安定型、せっかち型、じっくり型、とまどい型のどれなのかも分かるそうです。
 また北アイルランドの保険会社の衝撃的なCMを視聴しました。
 交通事故によって、運転する人もしない人も人生が大きく変わってしまうと実感しました。
 車はとても便利な道具でもあり、とても危険な道具でもあります。今日の講演で改めて自分の運転を見直す良いきっかけになったかと思います。
 
 「災害未体験者時代の安全管理」では現場の安全管理活動の概念や安全施工リサイクルの機能と文書体系、作業手順KY活動記録について教えていただきました。
 建設業において、死亡事故がない年はありません。
 自分一人だと危険が見えず、見落としているものがあります。ですが、他の人の目があることによって、現場の危険を気付くことができます。
 声掛けやもっと注意の目で見ていたら防げたのではという事故は、たくさんあるはずです。 
 講演の中で「コミュニケーション」という言葉がキーワードだと感じました。
 
 2つの講演での共通するは「過信」だと感じました。
 大丈夫だろう、このぐらいならいいだろうではなく、
 絶対起こさない、そのためには...という気持ちが大切だと思いました。
 
 講演後、工事部長による「統括安全宣言」にて締めくくり、1年間の無事故無災害を誓いました。

春は新たな出会いの季節

2017-04-24
入社式の様子
石崎陽南さん
■日時:平成29年4月3日
■場所:本社
 
平成29年4月3日に入社式が行われ、今年も新たに1名加わりました
入社式後は現場見学を行いました。
 
入社して早々ですが、新入社員にインタビュー
 
 
Q1:好きなもの(こと)・趣味はなんですか?
A1:本を読んだり、音楽を聴くことです。
 
Q2:なぜ当社を選んだのですか?
A2:企業見学をさせていただいた際に、営業事務の仕事について教えていただき、
   興味を持つとともにやりがいのある仕事だと感じたからです。
 
Q3:今後の目標を教えて下さい
A3:まだ仕事に慣れず、教えていただいたことを覚えるので精一杯ですが、1日も早く仕事を
   覚えて、みなさんの力になれるように頑張ります。
 
これから覚えることがたくさんで毎日が勉強です。
大変なこともあるかもしれませんが、先輩たちが支えます!
だから一緒に頑張りましょう
今後に期待です
 

安全な作業・現場を目指す!!

2016-06-15
安全大会
小林 豊 様
各工事担当・社員による安全宣言
 
■日時:平成28年4月21日
■場所:プラザイン水沢
 
 4月21日、プラザイン水沢にて「平成28年度 栗原建設株式会社 安全大会」が行われました。
 今回は東日本大震災復旧復興工事労働防止 岩手県支援センター 所長・巡回指導員の小林 豊 様による講演「合せ技でつくる危険ゼロの現場(チームワークは行動災害防止のカギ)」をお話ししていただきました。
 建設業死亡災害発生状況事例から、行動災害をどのように防止したら良かったかなど学んだり、
 危険予知活動(KY活動)のポイントなどを教えていただきました。
 安全にと意識をして自分を管理しているつもりでも、誰でも事故を起こしてしまうものです。
 しかしKY活動や新規入場時教育を行うことによって、不安全行動を防ぐために現場に合わせた教育ができたり、作業内容から考えられる危険のポイントが見つかり、防ぐことができると改めて学ぶことができました。

ピッカピカの1年生☆

2016-04-28
 
■日時:平成28年4月1日
■場所:本社
 
 4月1日に入社式が行われ、新入社員1名が加わりました
 入社式後は、現場見学に行きました。
 建設業の仕事を間近で見るのは初めてだったそうです。
 入社して早々ですが、インタビューを行いました。
 
 Q.なぜ、この建設業界を選んだのですか?
 A.今まで体育関係一本で生活してきた私が、他の業種で初めて興味を持ったのが建設業でした。体力と精神面で自分を生かせるといること、建設業界が人手不足であることと、震災復興で地域に貢献し、盛り上げていきたいと考えたからです。
 
 Q.今後の目標を教えてください!
 A.建設関係はまったく分からないので、1日でも早く仕事内容を覚える他に、機械の名称や建設業に必要な知識等を覚え、資格を取得し、会社に貢献できるようにしたいです。
若さと元気で頑張ります!
 
 今は分からないことだらけかもしれませんが、
 いっぱい経験して、建設業界を盛り上げてほしいです
 今後が楽しみです
 
 
 
 

2015年もがんばりました!!〔NO.2〕

2016-02-05
左から瀬川智代子,岩淵利幸
井面広明
■2015年受賞者
 従業員表彰〔岩淵 利幸、瀬川 智代子〕
 安全スローガン表彰〔井面 広明〕
 
 
 【(一社)岩手県建設業協会奥州支部従業員表彰】岩淵 利幸
  これからも長く勤務できるように頑張ります。
 
 【商工関係優良従業員奥州商工会議所会頭・奥州市長連名表彰】瀬川 智代子
  今まで総務等の業務をしていきましたが、この賞をいただけて一生懸命頑張ってきて良かったです。これからも頑張りますので、よろしくお願いします。
 
 【安全スローガン優秀作品 北上川ダム統合管理事務所事故防止対策委員会会長表彰】井面 広明
  色々調べて考えて作りました。安全スローガンのように作業を行うことを心がけます。ありがとうございました。
 
 本年もがんばりますので、よろしくお願いします
TOPへ戻る